ちいちゃまのBlog

毎日のトレードの記録と日常のつぶやきのBlogです。。。

好きな人が好きだから好きになったもの一つが。。。


スポンサーリンク

あれは3年前。。。
いや、40年以上も前の話。

f:id:chii-chama194:20181202015031p:plain

~華麗なるレース~このジャケットが一番好きだった。



中学2年生の頃、好きだった男の子。
同じクラスのO君。
サッカー部(補欠)。
当時はやっていたつばの長めの学生帽。
サイズ大きめの学ラン。
斜めがけしたやや色褪せたブルーのスポーツバッグ。
少し身体を斜めにしながら歩く。
無口でクールなイメージ。
顔はまぁまぁ。背はそれほど高くない痩せ型。

そのO君が好きなアーチストが「Queen」だった。
それまで、郷ひろみ西城秀樹フィンガー5とか
いわゆる日本のアイドルに夢中になっていた。

そんな純日本製の私が外国の音楽を聞くなんて~~~
なんだかよくわからないままレコードを買った。
確かシングル「キラークィーン」を聞いて


Queen - Killer Queen (Top Of The Pops, 1974)


何だこれは?と
アルバム『シア・ハート・アタック』を買い。
さかのぼって『クイーンⅡ』『戦慄の王女』を買って聴いた。


そして、『オペラ座の夜』の「ボヘミアン・ラプソディ」は
何度も何度も聴いた。。。


Queen - Bohemian Rhapsody (Official Lyric Video)

音楽性なんてわかりはしないが6分の長さを感じないのだ。
4人のコーラスから始まりフレディの優しい歌声
そしてだんだん力強くなり曲調が変わる。
クラッシックのようなオペラのような掛け合い。
そしてロックの高まりへ流れ
最後はまたフレディの優しい囁きで終わる。

一粒で何度も味わえる一曲だな~
久しぶりに聴いたが口ずさめるよ(^^)

当時、【ミュージック・ライフ】という外タレの月刊誌があって
それを買って、彼らの姿を見ていた。
私はドラムのロジャー・テイラーが好きだった。
ボーカルのフレディの股間の一物があまりにも大きくw
ピッタリとしたパンツでくっきりもっこり写り
当時中学生の私はこれは一体何なんだろうと
真剣に悩んだものだ(笑)

レコード店で時々ライブの上映会があったりして
見に行ったりもしたな~~

好きな人が好きなアーチストだったということと
外国の曲聴いてますみたいな優越感もあったかな~
多分5枚目のアルバム『華麗なるレース』
そのあたりまで買ったと思う。


ただ、熱狂的なファンになることはなかった。
そして、O君とクイーンについて語り合うこともなかった。。。

 

高校生になった私はまた違う男の子を好きになり
その子はレッドツェッペリンのファンだった。
クイーンのときほどの衝撃はなかった。
「天国への階段」くらいだな。。。

 

そして興味は他へと移っていった。。。

そのクイーンのドキュメンタリー映画
上映され、ますます高評価のようで
様々なところで話題になっている。
クイーンを知らない長男までもが
映画を観に行く予定らしい。


青臭い青春が思い出され妙にくすぐったい気分。

 

ダーリンは全く知らないと言ってるw
(いくつかの曲は聞けば知ってるだろうが)
映画、一緒に行ってくれるかな~~
ま、一人でも良いんだけど~~
一人のほうが良いかも~~~

明日、行けたら行きたいな~~