ちいちゃまのBlog

毎日のトレードの記録と日常のつぶやきのBlogです。。。

何かに行き詰まった時、何が自分を癒してくれるのか。。。

穏やかな日差しとウラハラに、心に隙間風が吹いているようなもの悲しさを感じているchiakiです。

一国一城の主を目指してブログを意気込んで始めたものの、なんだか気持ちが塞ぐ週末。愚痴は書くまいと思っていたが、吐き出すことでスッキリするかもしれない。こうして書こうという姿勢がある事はまだマシだよね。本当に塞ぎ込んでしまったら、ふて寝して休日はあっと言う間に終わってしまう。

私の好きな言葉

「起こる事には意味がある。乗り越えられない事は起こらない。今が一番最良の時。」

何かにぶつかった時には、いつもこの言葉を思い出し自分を勇気づけている。

健康でいる事がどれだけ幸せなことかはわかっているが、人間は欲深い生き物で1つ満たされれば、また1つ上を求めてしまうもの。

愚痴を吐こうかとも思ったが、愚痴っていても何も始まらないことは、半世紀も生きてくれば百も承知。気持ちを如何に切り替えるかだ!

昔、イライラすると部屋の模様替えをしたものだ。環境が変わると気分も変わる。久しぶりに模様替えでもしてみようか…

ん〜面倒だ(笑)

仕事について考えてみる

先日、過去に経験した仕事を書き出してみた。1つずつ振り返りながら将来への展望を考えてみようかな…

【喫茶店のウエイトレス】

これは、高校、短大、つい最近とアルバイトで経験した。学生の頃は単純にお小遣い稼ぎ。最近バイトしたのは珈琲専門店。店で豆も焙煎していた。日頃から珈琲は好きで、実はお気に入りの焙煎店があり、そこで豆を購入している。珈琲通とは言えないが、自宅でも自分でドリップして愛飲している。

珈琲の香りが何より好きだ。豆を挽くのは長年愛用のカリタのミル。ゴリゴリと挽いていると気持ちが落ち着いてくるから不思議だ。ペーパードリップで気軽に淹れている。好きな豆はグァテマラ。初めて訪れた珈琲店では最初に必ず頼む。

ウエイトレスの仕事は、接客。注文を聞き、商品を運ぶ。それだけと言えば、それだけだが、混み具合や珈琲や軽食の出すタイミングやら、細かな事はたくさんある。何はともあれ、珈琲や食事を美味しく召し上がって頂く事と、空間を楽しんで頂くことが大切だね。

カフェのオーナーは如何でしょうか

カフェをやってみたい気持ちはある。が、やはり店舗を構えることを考えると、難しいよな〜と二の足を踏む。理想だけを追いかけるならば、カウンター5席とボックスが2つ位の小さなお店がいいなぁ。隅の方にはギャラリースペースがあって、自分のセレクトした小物なんかを置いて販売。たまにはギャラリーみたいに…ってよくあるパターン😛

2年程前に近所に出来たカフェが、正にそんな感じ。オープン時に行ったきりで余り行ってなかったが、先日、丁度時間があり、ふらっと行ってみた。当初よりも珈琲の種類も増え、あまり見ない種類がおおかったので、また飲んでみたくなった。自家製のガトーショコラがこれまた美味しくて、ちょくちょく行こうと思った。

小さな店をと言っても内装やらなんやら、費用はかかる。最小限にといってもそれなりにかかる。厳し〜な。売り上げも珈琲一杯500位。軽食やスィーツは必須だろうし、質を高めるか、回転率を上げるか、道楽じゃなきゃやってはいけないなぁ。雇われオーナーじゃ、一国一城の主とは言えないし、難しいところだ。

静かな空間に珈琲の香り、美味しいケーキは間違いなくおばちゃんの心を癒してくれた。店のオーナーがイケメンだったら、言う事ないな!

 

カフェは一国一城の候補の1つにします(^^)